軽自動車、普通車年間維持費シュミレーション

軽自動車と普通車とでは、年間の維持費にどれくらいの差があるのかまとめてみました。
※普通車は2000ccクラス、重量は2t以下と仮定、駐車場代や保険料は1年間の合計額
※ガソリン代年間走行距離12,000km、ガソリン単価120円、燃費は軽自動車が15q/L、普通車が12km/Lで試算

ほとんどの項目であまり差はありませんが、差があるのが自動車税と重量税。平成27年4月以降の新車から軽自動車税が以前の7,200円から10,800円と増税になりましたが、普通車の自動車税との差が大きいです。ちなみに自動車にかかる税金は以下になります。

毎年4月1日時点での自動車の車検証上の所有者に対して、自動的にかかる自動車税は、総排気量により税額が決まります。※軽自動車税は毎年一律10,800円。
重量税は、購入時や車検時にほかの費用と一緒に支払うことがほとんどなので、普段あまり意識されない傾向にありますが重量税の額は決して安くはありません。 ※軽自動車は車両の重さに関わらず定額。

次に差があるのが消耗品費用ですが、内訳としてはオイル交換やワイパー交換などは軽自動車と普通車であまり変わりませんが、タイヤ代が軽自動車のほうがかなり安いことが要因です。

維持費用以上に差があるのリセールバリュー

軽自動車と普通車で維持費以上に差が出るのがリセールバリュー、中古の買取価格です。
ここ最近、軽自動車の人気が定着して中古車でも売れ易いこともあり、同じ年式同じ走行距離の場合、普通車では新車の半値以下でも軽自動車では新車価格の半値以上で売れることも珍しくありません。

車を買い替える際は、ディーラー下取りよりも買取専門店のほうが高値で売れます。
愛車を査定する際は、完全無料サービスの一括車査定サイトを利用すると便利です。
愛車の買取概算価格を知りたいなら、利用者100万人突破のかんたん車査定がオススメです。


32秒で愛車の最高額をチェック!
⇒かんたん車査定の詳細

このページの先頭へ